守備練習 キャッチャー ボールを前に落とす練習 ノック編

横浜BBCスカイホークスさんの練習内容になります。

今回紹介する動画は、キャッチャーのワンバウンドの処理の練習になります。練習内容は、ノッカーがマウンドより少し前の位置からノックを打ち、キャッチャーはボールをミットで捕りに行くよりは、ボールを後ろに逸らさないために、身体を使ってしっかりとボールをブロッキングする、という練習になります。

 

ボールを投げて行うブロッキングの練習より、バウンドが大きく、かつ不規則なバウンドにもなるため、ブロッキングの練習としては、投げて行うより一段階上のレベルになると思います。しかしその分、ブロッキングのコツが磨かれやすくなると思います。

ブロッキングで大事なポイントは、どのタイミングで両足付いてボールを止めるのか、という点が大事なります。早過ぎるとボールが狙った場所に来ない場合もありますし、遅すぎるとボールを大きく弾いてしまう場合もあります。適切なタイミングで、適切な場所でボールを止めることができると、ボールをベースに落とすことが実現できます。

そして、このボールをベースに落とすことがノックのボールで出来るようになると、ブロッキングのレベルが一つ上がり、比較的簡単なショートバウンド系だけではなく、胸元あたりにボールが当たるブロッキングも上達します。胸元あたりの処理がかなり難しいのは、捕手をやったことある方なら誰しも分かることだと思います。

ワンバウンドを身体で止めることに課題を持っているキャッチャーがいましたら、ぜひ実践して欲しい練習です。

では動画をご覧ください。
また動画の後半は外野手の練習も入ってますので、合わせてご覧ください。

 

 

 

 

 

動画引用元:【ノックによるポジション別練習】捕手&外野手