守備練習 ボールを足元に転がして素早く送球するキャッチボール

普段のキャッチボールを肩慣らしやウォーミングアップの目的ではなく、より実践的なキャッチボールをやってみるのも良いでしょう。

今回紹介する動画は、塁間ほど距離をとった状態で、一度ボールを自分の足元に転がしてから、素早く拾い、素早く送球する練習です。

・低い体勢のままでもしっかり送球できるようになる
・ボールを拾う、送球するが素早くなる
・ノーステップでのスローイングが上手くなる

という3つの利点のある練習と言えます。

 

この練習のポイントは、一つは素早く動く必要があり、かつノーステップではあるものの「相手の胸に正確に送球する」ことです。素早く動く上ノーステップなので、初めはなかなかコントロールが付かないかもしれません。軸足の内側はしっかりと相手の方向を向いているか、出した前足は相手の方向へ出しているか、というまずは土台となる下半身をチェックして行うと、コントロールが乱れにくくなると思います。

2つ目が「体重移動をいつもより意識する」ことです。ボールを拾った位置からノーステップで投げるので、上半身だけで投げてしまうと、どうしても勢いの乗ったボールを投げるのは難しくなります。動画を見て分かるように、素早く投げつつも、しっかりと軸足に体重を乗せてから投げていることが分かります。手投げにならないことに注意して行うと良いでしょう。

最後が「横投げにならない」ことです。低い体勢で素早く投げるには横投げのスナップスローが速いことは間違いないです。ですので、横投げでもコントロールが付き、相手までしっかりと投げれるのであれば横投げでも問題ないです。ですが、塁間ではまだ遠く横投げでは上手く投げれない選手は無理をせず、まずは肘を上げてしっかりと上から投げることを意識しましょう。

 

以上のポイントをしっかりと守ってやってみると良いでしょう。またアレンジとして、いつもと同じ場所に転がすのではなく、少しだけ後ろ、少しだけ前に、という風にボールを転がす場所を変えていくのも良いです。自分で練習にメリハリやアレンジを加えるのは上達に大事な要素です。

では動画をご覧ください。

 


 

動画引用元:ドリル式練習法公開 ~キャッチボール編~