守備練習 攻める守備 バウンドを合わせるための基礎練習

今回ご紹介する動画は、「バウンドの合わせ方」の練習方法についてです。
内野手は特にですが、打球のバウンドを合わせられるか否かで、相手チームの出塁を阻むことも許すこともあります。
これから、オフシーズンに入るので、基礎練習のメニューとして参考になると思います。
練習方法は簡単なので、初心者の選手も上達するきっかけとなると思います。
それでは、見て行きましょう。

 

 

まずはじめに、打球を捕球する理想のポイントを確認しましょう。
理想の捕球するポイントは、

 

  • ボールの落ちるところ
  • ショートバウンド

 

の2つです。
これからご紹介する練習方法を行う際には、この2つのポイントで捕球することを意識しましょう。

 

1.ボールを弾ませてもらい捕球する(落ち際

 

 

 

2.ボールを弾ませてもらい捕球する(ショートバウンド

ボールがバウンドして上がってくる途中で捕球すると、体も浮いてしまうので、バウンドをよく見てショートバウンドで捕球することが大切です。

 

 

上記2つのメニューに共通することは、足を止めないことです。
まずは、で捕球する意識を持ちます。

 

 

 

3.ボールを弾ませてもらい捕球する(相手に指定してもらう)

投げ手がゴロを投げると同時に、「落ち際」もしくは「ショーバン」と指定し、捕球する選手は、その声の指示通りに捕球します。
頭で判断し、行動に移すことが狙いです。

 

 

 

1〜3までが出来るようになったら、ノック実践を行います。
オフシーズンは、たくさんノックを受けることでが重要だと思います。
動画で紹介しているように、2人で出来る練習方法なので、自主練習にも取り入れやすいです。

 

 

退屈基礎練習を工夫することで、楽しみながら成長することができると思います。
このを超えて更にステップアップした選手を目指したいですね。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:確実に守備力が上がる「バウンドの合わせ方」…小・中学生の練習にオススメ!