守備練習 トレーニンググローブで捕球力を高める練習

板グローブ、トレーニンググローブ、キャッチトレーナーと呼ばれるグローブがあることをご存知でしょうか。グローブのポケットが無く、板のように平なグローブです。このグローブを使うことによって、

・芯でキャッチングするポイントを覚えることができる
・利き手の使い方が上手くなる
・捕ってからのボールを握るまでのスピードが速くなる

という主な利点があります。実際にプロ選手でもこのグローブを使って練習している選手は多く、以前当サイトでも紹介しましたが「今宮健太もやっている捕球力を高める練習」にて、守備のスペシャリストである福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手も使ってます。やはり、グローブの芯を捉えてキャッチングをすることは、とても大事なことだと思い知らされます。

トレーニンググローブを使ってゴロ捕球の練習をする時のポイントですが、

・(右投げの場合は)右手の指をしっかりと開いてボールを掴むこと
・グローブを早めに出して待ち構えること
・前でさばいて両手で掴むこと

と動画ではおっしゃってます。
筆者的に特に意識して欲しいポイントは、早めにグローブを出して、狙ったポイントでキャッチできているか、を常に意識して欲しいです。どんなゴロに対しても、一定の場所にボールを当てることができると、グローブを使い方が飛躍的に上手くなると思います。通常のグローブで言うと、常に一番ボールを落とし難いポケットに吸い込まれるようなキャッチングを実現できるようになります。

尚、注意点として「突き指」には気を付けましょう。速く利き手を出し過ぎて、ボールが直接指に当たってしまうと突き指の原因になります。なので、最初はゆっくりとボールを投げてあげる、もしくは、柔らかいボールを使ってあげると良いでしょう。

では動画をご覧ください。

 


 

 

動画引用元:プロ野球選手が教える野球の守備の基本練習