打撃練習 ボールの衝撃に負けない 重くて大きいボールを打つ練習

以前「打撃練習 コンタクトボールを使ってインパクト強化」でも記載させて頂きましたが、筆者はバレーボールを打つ遊びを頻繁にしてました。小学校高学年の時です。

今回紹介する動画は、筆者がやっていた遊びと同じように大きいボールを使って、小さな子供がその大きいボールをしっかりと打ち返している動画になります。

筆者の場合は、バレーボールを打ってどこまで遠くに飛ばすのか、ということをやっていたので、思いっ切りスイングしてましたが、動画では振り切らずにインパクトがだけ強くすることを意識した練習になっております。こちらの方が手首の怪我につながりにくいかと思います。

この練習のポイントは、

・衝撃に負けないヒッティングポイントはどこかなのか見つけること
・より強く打ち返せるバットの握りを探すこと

の2つだと思っています。
ヒッティングポイントについては、前でとらえた方が衝撃に負けない、近いポイントでとらえて押し返した方が衝撃に負けない、など選手それぞれで感じることがあると思いますので、衝撃に負けないポイントはどこなのかを見極めた方が良いと思います。

またバットの握り方や握る位置でも随分変わると思います。衝撃に負けずにしっかりと打ち返せる握り方はどれか、を考えながら練習すると良いでしょう。筆者の場合は、指一本分だけ短く持った方がインパクト時に力が伝わる感覚がありましたので、バットの握りは指一本分短く持ってスイングしています。

個人的には、この練習はかなり良い練習だと思っています。色々と良い方向への変化を感じたことがあるからです。

では動画を参考ください。



動画引用元:打球が見違えるほど生きてくる! バッティング練習インパクトマッスルボール type2 byフィールドフォース