バッティングフォームで膝やつま先の開きを防ぐ練習

筆者は最近、整骨院に通い体の歪みを矯正してもらっているのですが、その時に身体のことを質問しまくってます。整骨師がおっしゃっていたのが「身体は自然と外へ外へと逃げていきます」とのこと。

確かに身体を内側に絞る、という行為はきつい行動ですし、意識しないとできないです。

野球は回転運動の多いスポーツなので、無意識にバッティングやピッチングをやると、身体を回転する時に、外の方に力が逃げていくフォームや身体が開くフォームに自然となりやすいのですね。

今回は、バッティングフォームにおいて、踏み出した足(前足)の、膝が外へ開いたり、つま先が外へ開くことを防止する練習を紹介します。

やり方は非常に簡単です。まずボールを2個用意していただき、

 

1:
踏み出した足のかかとでボールを踏んでスイングする。もしくはティーバッティングをする。

2:
もし身体が後ろへ体重が持って行かれるのであれば、軸足も同様に、軸足のかかとでボールを踏んでスイングする。

 

になります。
動画の方がボールを踏む際「野球選手としては心苦しいですが」とおっしゃってましたが、筆者も野球ボールを踏むのは正直抵抗があります。
道具は大切に、が染み付いてます。

なので家にたまたまあった、大きめのスーパーボールで代用しやってみましたが、確かにボールを踏んでやると、膝がロックされた感覚になり、膝の開きが防止されます。効果的な練習の一つだと感じます。

詳細は動画を見ていただき、ぜひ実践してみてください。

 

 

 

 

動画引用元:バッティング 開きを抑える練習方法 の一つ