打撃練習 意識で変わる 効果的なティーバッティングのポイント

今回ご紹介する動画は、「効果的なティーバッティングの練習方法」についてです。
ティーバッティングの練習方法は、たくさんあります。
試合前調整や、練習で取り入れる選手チームは多いと思います。
そこで、ティーバッティングの練習で意識するポイントや、練習方法のレパートリーを見て行きましょう。

 

 

 

まずはじめに、バッターのスタイルによってネットのどこを狙って打つのかを見て行きましょう。
短距離バッターは、「ネットの真ん中を狙って打つ」ことが大切です。
ホームランバッターは「ボールを上げる意識で、ネットの上を狙って打つ」ことが大切です。

 

 

 

練習方法

 

  • アウトコースひきつけて打つ
  • 真ん中中心で打つ
  • インサイドで打つ

 

アウトコース

  • 打者は、動画のように通常の立ち位置より前足をやや開いて立つ
  • 投げ手は、打者の左腰にむかって投げる(左バッターの場合は逆になります。)

 

この練習は、ミートポイント後ろになるため、自然と引きつける感覚を習得することができます。

 

 

真ん中

  • 打者は、通常のスタンスで打つ
  • 投げ手は山なりのボールを、打者の腕が伸びたポイントにトスを上げる

 

 

インサイド

  • 打者は、ややクロスに立つ
  • 投げ手は、インコースに投げる

 

 

コースによって打ち方を変えることで、ポイント確認することができます。
この練習をするときには、アウトコース→真ん中→インサイドの順でポイントを確かめることがおすすめです。

 

 

動画では、他にも脇を開かないようにするための練習も紹介しています。
そちらも併せてご覧いただくと参考になると思います。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:【元プロが教えるバッティングの秘訣!】この練習法は絶対やるべき!