走塁練習 得点、進塁につながるベーランのコツ

今回ご紹介する動画は、「ベースランニング」についてです。
上手な走塁は、進塁得点に繋がりやすく、勝利条件の一つとも言えると思います。
それでは、2塁打の時の正しい走塁を動画と併せて見て行きましょう。

 

 

 

方法

  • 少し膨らみながら1塁ベースのを踏む

 

 

 

ポイント

  • ベースはできるだけ左足で踏む
  • ベースを一つだけ踏むときはベースから目を離さない

 

 

1塁ベースを蹴った後、2塁ベースに向かってなるべく真っ直ぐに走ることが理想です。
そのためには、1塁ベースの手前で少し膨らみ、左足でベースを踏みながら方向転換することが大切です。
注意点としては、左足で踏むことを意識しすぎてしてしまい、ベース手前で小股になってしまうことです。
また、ベース手前で減速することも避けたいです。
そのためには、動画でも紹介しているように、「ベースから目を離さない」ことが大切です。

 

 

来シーズンに向けて、走塁の基本であるベースランニングを見直して、機動力のあるチームを目指したいですね。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:走塁編・正しいベースランニングを覚えよう 【仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本】