投手練習 ボールの握り方 球威のあるストレートを投げるため

スピードのあるボールを投げたい
球威のあるボールを投げたい

というのは、投手においては永遠のテーマだと思います。以上2点を目指すためには、色々な練習や考え方を実践する必要がありますが、今回は「ボールの握り方」について紹介します。

動画では、元西武ライオンズの三井浩二さんがボールの握り方に関して解説してます。丁寧にお伝えしているので、とても分りやすいですし、基本に立ち返ることができる、良い動画です。

ストレート(4シーム)の握り方について、ポイントをお伝えすると、

 

・縫い目を第一関節に合わせない
・爪の位置が縫い目に来るように握る
・人差し指と中指の感覚を指一本空ける
・人差し指と中指の間からまっすぐ下ろしたところに親指を置く
・親指は腹で持つのではなく、爪の横で持つ
・親指とボールの間に隙間を作る
・力一杯握らない

 

以上になります。

筆者から見て、結構出来ていないことが多いと思っているのが、親指の位置と親指の添え方です。親指の位置は、人差し指と中指の間からまっすぐ下ろしたところになりますが、人差し指の下になって握っている選手が多いように思えます。また、添え方についても、腹で握っている選手も多いように思えます。

縫い目に指を添えることを教えられることは多いですが、親指の位置をちゃんと教えることは少ないように思えます。

今一度、握り方を確認にして、間違っているようでしたら、上記のポイントを押さえて、正しい握り方を覚えましょう。

では動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

動画引用元:スピードの出る”ストレートの握り”を元オールスター投手が公開!