バランスボールを使って身体の軸を意識しながらバッティング練習

様々なスポーツでバランスボールを使って練習することがありますが、もちろん野球にもフィットした練習があります。

筆者も実際にやってみましたが、まず構えの時点で、骨盤から首筋の間に筋肉の緊張を感じ、背筋がまっすぐ伸びている感覚があります。これだけでも体幹トレーニングになります。なので、構えの時は、猫背などにならずに、しっかりと真っ直ぐ構える必要があります。

そして、スイングをやってみると、これも意外と難しい。身体の軸をしっかり意識してスイングをしないと、すぐにバランスを崩したスイングになってしまうので、身体に一本筋の軸が通っていることを意識しながら、その軸を中心に「クルッ」と回ってスイングする必要があります。

軸を意識しながら練習することで、軸のブレが少ないスイングに近づくことができ、特に目線のブレが軽減され、バッティングに良い影響を与えます。

チームに1つか2つはバランスボールを用意して、バランスボールを活用した練習方法を多く取り入れたいですね。

 

では動画をご覧ください。