一度後ろにステップしてから投げるクイックモーションの練習方法

■課題・要望
・効果的なクイックモーションの練習方法を知りたい

捕手出身の筆者としては、牽制が上手い投手とクイックが早い投手は、本当にやりやすかったです。
牽制、クイックができない投手だと、捕手がどれだけ肩が強くても、盗塁で刺すのは苦労します。
投手自身が楽になるためにも、牽制とクイックはしっかりと練習しておきたいところですね。

 

今回はクイックモーションの練習方法についてです。

実際、クイックモーションについて、どんな練習をすれば、より効果的になるか知らない方も多いのではないでしょうか。

普通にクイックモーションで投げようとすると、

 

・頭が先に突っ込んでしまう

・上体が先に出てしまい体の開きが早くなる

 

ということが多々あります。
このような状態で投げてしまうと、急速が落ちたり、コントロールが乱れてしまったりするため、しっかりと打者と勝負することができません。

重要なことは、クイックモーションで投げるものの、

 

・軸足にしっかりと体重が乗っているか

・体重移動が普通の投球と変わらないかたちでできているか

 

が重要です。
そこでオススメの練習方法が、

 

軸足を一度後ろにステップしてから早く投げる

 

練習です。
後ろにステップするときに、しっかりと軸足に体重を乗せて、そして足を極力上げずに体重移動して素早く投げること。これが、この練習のポイントとなります。

ぜひ、やってみてください。

 


 

 

 

動画引用元:ピッチャー クイックのコツ