外野練習 スローイング バックホームで大事なこと

外野手にとってバックホームは大きな見せ場です。そして、ホームタッチアウトにした瞬間は本当に大きな喜びになり、練習してきた努力が報われます。

バックホームする上でまずは注意いただきたいことは「遠投ではない」ということです。これは動画の方もおっしゃってます。強く同意する言葉です。遠投という気持ちになってしまうと、グローブを持っている方の方が上がってしまいます。そうなると、ボールを「上」に投げることになるので、山なりで力の無いボール、暴投の原因にもなります。

なのでバックホームは、

低い弾道で強いボールを投げる意識

がとても大事なります。そのためにも投げるフォームは肩のラインを水平にして低く投げる意識を強くすると良いでしょう。また、しっかりとカットに入ってくれる内野手がいるならば、その内野手に目掛けて、低い弾道で強く投げる意識も良いです。

そして、さらに注意が、肩が強い選手ほどノーバウンドで投げたがる傾向にありますが、もちろん肩が強い選手も低い弾道がまず前提となります。結果ノーバウンド送球になるのは問題ないですが、上に向かって遠投のように投げないように気を付けましょう。

では動画を参考ください。



動画引用元:外野のバックホームで意識すべきことは?