投手練習 足首と股関節の柔軟性をアップさせるトレーニング

タイトルで投手練習と記載してますが、このトレーニングは全選手が行った方が良いトレーニングです。ただ、ピッチャーをやっている選手であれば、特にやって頂きたいです。大きく足を踏み込みんだときの安定感が変わってくると思います。つまり、コントロールも安定するようになると思います。

トレーニング方法ですが、片足はかかとを付けた状態で屈伸運動、もう片足はしっかり伸ばしてつま先は上に立てます。これを手を胸の前に組んで、交互に行います。

まず身体が硬い選手は、屈伸を行なっている方の足のかかとを付けることが難しいでしょう。もし出来ない場合はかかとは上げてもOKです。そして、足首と股関節に柔軟性が無いと、伸ばしている足のつま先を立てた時に、身体が不安定になり、プルプルしてしまったり、後ろに倒れたりします。

背筋伸びたまま、動画のように安定して交互に行えると、足首と股関節は十分に柔らかいと言えます。

この形を見て分かる通り、足をホームベース方向へしっかりと踏み込んだ時と似ている状態です。もっと極端に屈伸をしていますが。多くの投手が、この足を踏み込んだ時に、身体が不安定になり、球速・コントロールともにネガティブな影響になってしまいます。そうならないためにも、この柔軟トレーニングはとても大事となります。

投球フォームを整えるなら、まずは足首と股関節の柔軟性をアップさせること。これかなり大事なポイントだと思います。

 

 

 

 

動画引用元:野球選手の股関節、足首の柔軟性もアップさせて強化するトレーニングメニュー BASEBALL ONE