足首の柔軟性アップ 怪我防止、パフォーマンスの向上

今まで当サイトでも「野球は股関節や肩甲骨が大事」ということで、この2つの部位についてのトレーニングについては多く紹介してきました。

では次に大事だと思う部位は?

と聞かれたならば筆者はこう答えます「足首」と。足首が硬いと、ベースラン、ダッシュ、守備の時の踏ん張りの時などにひねってしまい捻挫をしてしまいます。激しい捻挫ですと完治までにかなり時間がかかってしまいます。

そしてパフォーマンスにも影響します。キャッチャーの構えや投手の足を前に出して踏ん張るなど、足首が硬い状態だと、可動域に影響が出て、可動域を全開に使えない状態でプレーすることになります。

筆者はキャッチャーでしたが、足首が非常に硬いです。いわゆる「うんこ座り」「ヤンキー座り」的な、カカトを地面に付けたまましゃがみ込むことはできません。足首が硬いので、スムーズに横への動きは出来ていなかったのでは、と今更ながら思います。

では、動画で紹介している足首のストレッチ法ですが、詳しくは動画を見て頂ければと思います。とても分かりやすく丁寧に説明させれているので、オススメの動画です。

筆者が一つ挙げるのであれば、3番目に行っている、つま先とカカトを持って足首を支点にグルグル回すストレッチです。実際にやってみましたが硬い硬い。。。動画の先生のようには回らないです。でも、気持ち良いですし、手で負荷を与えるので伸びている感覚はかなりあります。

ぜひ動画を見て頂いて、足首のストレッチをしっかり行い、怪我防止やプレーのパフォーマンス向上につなげて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

動画引用元:足首を柔らかくするストレッチ