打撃練習 頭の位置が変わらず軸がブレないバッティング

侍ジャパンに選出されている秋山選手と言えば、日本を代表するヒットメーカーですね。出場機会が先発なのか、途中からなのか、代打なのか、分からないですが、バッテイングでも守備でも、どちらでも活躍できる選手なので、是非頑張って欲しいです。

 

 

上の動画は、秋山選手がロングティーをやっている動画ですが、スイングするときに頭の位置が全くズレ無く、軸がブレないスイングをしてます。

秋山選手が大きくステップするので、動きが激しく見えますが、実際にスイングする際には、クルっと回転して、ブレないスイングをやってます。顔の位置が変わらないため、しっかりとボールを見れるので、打ち損じが少ないのだと思います。

 

こちらが全身を見れるバッティングフォームですが、

 

・バットを寝かせて力を極力抜けている状態を作っている

・足は大きく上げて反動を利用している

・軸足へ体重を残しながら頭の位置が変わらず回転

・前足の膝は全く開いてない

・フォロースルーは大きい

 

というのが秋山選手の特長と言えます。
尚、バットを寝かせて打つのは最近のことのようで、同じチームの森友哉選手を見習ってやってみたところ、しっくり来たようです。

身体の軸を意識した練習ですと、

 

バランスボールを使って身体の軸を意識しながらバッティング練習

 

空き缶を使って身体が開かない練習方法

 

古田敦也に習うスイングスピードを上げる腰の回し方

 

以上の練習記事が参考になると思います。
ぜひ合わせて読んでみてください。