守備練習 球際を強く 俊敏性と足腰を強化するペッパー

球際に強い選手になるのか、そうではない選手になるのか、で守備力に大きな差が出ます。球際に強くなるには、結局のところ「俊敏性」が最も必要な要素となり、そのボールに追い付くか追い付かないかは、その選手のフィジカルに掛かっていると思います。

そしてプラスの要素として、ギリギリのところでキャッチする能力も同時に高めることで、球際に強くなる選手、守備範囲が広くなる選手へと成長すると思います。

今回紹介する動画は、球際に強くなるために俊敏性と足腰を強化するペッパーです。正直、とてもきつい練習にはなりますが、特に内野手にとってはオススメの練習内容です。

ペッパーの内容ですが、

・適切な距離でマーカーを2つ置く
・ボールを投げる人がマーカーよりも少し外めを狙ってボールを転がす
・捕球する側は、腰を落として低い姿勢を保ったまま、サイドステップでボールを捕球する
・ボールを投げる人は左右交互にボールを転がす

という練習内容になってます。回数は捕球する側の体力に合わせて行うと良いでしょう。

この練習のポイントは、この練習は持久系を鍛える練習ではないので、ダラダラと長く行わず、短い回数で良いので、1回1回を素早く全力で行うことが大事です。俊敏性を鍛えて球際をしっかりとキャッチする、という練習の目的を捉えた上で行うと良いでしょう。

では動画を参考にやってみてください。

 

 

 

 

 

動画引用元:なぜ落とせと言っても腰は落ちないのか? その原因は◯◯だった。もうこれでエラーなし!