牽制練習 2017年1塁牽制スピードランキング1位から学ぶ牽制のコツ

まずは、2017年1塁牽制スピードランキングの動画をご覧頂ければと思います。

 

動画引用元:一塁牽制スピードランキング [プロ野球]

 

さすがTOP5ですね。全員が1.1秒を切る驚異的な数字です。このランキングを見て分かる通り「左投手の牽制は速い」というイメージはありますが、実際はそうでは無いですね。TOP5中1投手しかランクインしてないです。

そして第1位はオリックス・バファローズの西勇輝投手。そのタイムは0.96秒。なんと1秒を切るタイムで牽制をしてます。文句なしの球界ナンバー1の牽制職人と言えるでしょう。

特に西投手もおっしゃってますが、セットに入る前の牽制は、ランナーも投手の動きが読みづらい上に、ターンも早急も速さを増すことができるので、セットに入る前の牽制を「刺す牽制」に選んで、そこまでの牽制を布石にすることが大事とのことです。

では、1塁牽制が速くなるコツですが、色々あると思いますが、最も大事なポイントをあえて挙げるならば「肩のラインを速く、かつ並行に保つ」ことでしょうか。右投手のみ該当になってしまいますが、やはり牽制を速くするためには、ターンのスピードと、ターン(旋回)を利用した送球スピードが大事になります。

この2つのスピードを上げるためには、肩のラインが重要で、地面と並行に動かして動きのロスを無くしつつ速くターンすることです。肩のラインを並行&速くを意識した上で、足の動きやグローブの動きなどを工夫すると、良いと思います。

動画は西投手のキャンプ中の1塁牽制の練習です。ぜひ参考にしてください。



動画引用元:一塁牽制練習する西勇輝投手(#21)。オリックス春季キャンプ2014