スマッシュをさらに強く 3つの肩周り強化トレーニング

どんなスポーツにも、技術のほかにトレーニングストレッチは大切ですよね。
今回ご紹介するのは、バトミントンのための肩まわりトレーニングです。
肩の動きに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

トレーニングで四十肩を改善?

はじめに、現在の肩の状態をみていきましょう。
肩の力を抜いてにあげていくときに、キレイに耳の近くまであがる形が理想です。
反対側も同様です。
スムーズにあがらない場合は、四十肩の状態になっています。
これを改善するために、3つ器具をつかって肩の調子を改善させていきます。

 

 

3つのトレーニング

今回は、

 

  • 肩楽訓
  • 腕振り訓
  • 押し引き訓

 

の3つの器具を使ってトレーニングしていきます。

 

肩楽訓を手で持ち垂直にしたら、ななめにして立ちます。
そこから180度まで機械を開いていきましょう。
肩楽訓は、肩の関節位置を正常な状態に戻してくれる効果があり、肩の痛み軽減、動かしやすくしてくれるといわれています。
四十肩肩こり巻き肩運動中の肩の痛みなどに効果が期待できるのだそう。

 

続いて、腕振り訓をつかっていきます。
頭をうしろの座席にくっつけて、スマッシュを打つくらいの強さで上げ下げをしていきます。
腕振り訓は、肩回りの筋力を向上させ、肩の動きを安定化させてくれます。
肩や肘の痛み腱鞘炎の改善にも効果があるのだそう。
バドミントンプレーヤーにとって大切な、上からの球の力強さが増すともいわれています。

 

最後に、押し引き訓です。
自分にむかって機械を引き付けていきます。
姿勢を正して、足は前にあるクッションへとくっつけましょう。
目線を向き、繰り返しおこなっていきます。
押し引き訓は、肩関節周りの動作を改善し、促進してくれる働きがあります。
猫背円背肩回りの痛み改善にも効果が期待できるのだそう。

 

 

トレーニングで体が激変

3つのトレーニングをおこなった後に肩をあげてみると、スムーズにあげられるようになっているはずですよ。
これらを続けることで、バドミントンでの上からの球を打つ力を増すことも期待できます。
バドミントンをやっている方は、技術向上はもちろん、体のケアも兼ねてご紹介したトレーニングを試してみてくださいね。

実際のトレーニング風景を動画で確認してみてください。

 

動画引用元:【革命】バドミントンのためのトレーニングで体が激変?!

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。