ショートサービス 試合を制す狙う位置とポイント

試合を制するためにはサービスが重要ともいわれていますよね。
今回は、バトミントンのショートサービスの攻め方についてご紹介していきます。
ポイントをおさえてショートサービスを習得しましょう。

 

ショートサービスの基本

サーバーは、相手コートから一番距離が短いストレートの場所に立ちます。
サービスエリアラインの内側の前あたりに立つとわかりやすいでしょう。
もうひとりのペアのパートナーは、サーバーの2歩うしろあたりで構えて、サーバーがサーブを打ったあとコートの両サイドの位置がカバーできるように意識しておきましょう。

 

サービスをねらう場所は?

サーブは、青枠の場所をねらって打つことがポイント
ストレートの一番短い距離のところがポイントとなりますが、相手がサーブに慣れてきたら、今度はサーバーから見て少し左側に打ってみましょう
すると、相手が返しにくいと感じるため、自身の得点へとつながりやすくなります

また、サーブを打った方は次に備えてはやく準備をすることも大切です。
次の準備をはやくすることで主導権を握れるようになるので、この点も意識してみてくださいね。

 

ショートサービスの攻め方まとめ

まとめると、ショートサービスをするときに、サーバーは相手コートから一番距離が短いストレートの場所に立ちます。
そしてペアのパートナーは、サーバーの2歩くらいうしろで、サーブリターンのサイドを取れる位置に構えましょう。

サーブを打つのは、基本的には青枠の場所をねらうことがポイント
点数がほしい場面ではサーブの位置を少し左にずらして、相手が返しにくい球を出すなど工夫をしてみてください。

最後に、サーバーはサーブを打ったあと、はやく構えて次の球への準備をしましょう。
はやく準備をすると、高い打点でとることができるので、白帯の下から打たせるということも実現することができますよ。

ご紹介した内容と動画を、ぜひ参考にしてみてくださいね。



動画引用元:ショートサービスの攻め方(基本) 藤本ホセマリのダブルス上達の方程式

 

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。