ダブルスで勝利をつかむ 強化すべきレシーブ練習方法

攻守の移り変わりが激しいダブルスでは、とにかく攻撃で攻めることが求められがちです。
しかし、相手の攻撃を止めるにも攻めに転じるにも、精度の高いレシーブこそが必要不可欠なのです。
そこで今回は、ダブルス強化に効果的なレシーブ練習法をご紹介します!

 

 

ダブルスで勝つために強化すべきレシーブとは

ダブルスで使われているレシーブは大きく分けて、「ショートリターン」「ロングリターン」「ドライブリターン」の3つです。

ダブルスは攻めが重視されているため、初心者はつい攻撃の主導権を取り返す時に有効なショートリターンや、攻撃的に返球できるドライブリターンを使いがちです。
しかし、前衛・後衛で幅広くコート内を守るダブルスでは、返球が甘いと即座にプッシュで押し込まれるリスクがあります。

どちらのレシーブも、コースの打ち分けなどができないと甘い返球になってしまいやすく、多用してしまうと相手の攻撃の起点になる恐れがあります。
そこで大切になってくるのが、高く・遠く相手のコート奥へと返球するロングリターンの活用です。

ロングリターンはシャトルの滞空時間が長いので、相手の攻撃の流れを断ち切れるだけでなく、体勢をすばやく立て直してカウンターに転じることもできます。
攻守においてさまざまな用途で使えるので、ダブルスでは特にロングリターンの精度を高めることが重要といえるのです。

 

 

ロングリターンを活用したレシーブの練習方法

レシーブ力の強化とロングリターンの精度を高めるのに効果的なのが、攻撃する側2人、レシーブする側1人の2対1で行うレシーブ練習です。

やり方自体は簡単で、攻撃する2人は半面コートに前後に分かれてスマッシュを打ち、レシーブする1人はとにかく全てのスマッシュをロングリターンで返球するだけです。

2対1での練習の仕方やロングリターンの詳しい打ち方を知りたい方は、以下の練習動画を参考にしてみてくださいね。

 

動画引用元:バドミントンダブルス強化の秘訣 勝利を掴む練習法 Disc1 sample

 

 

ロングリターンでレシーブする際のポイント

ロングリターンは手首を使って打つため、しっかりシャトルを呼び込んでラケットを振らないと当たりが甘くなり、相手コート奥にまで届きません。
相手からのスマッシュをおへその辺りまで呼び込んでから、ラケットで打つようにしましょう。

また、打ち終わった時に重心が後ろに残っている(お尻が後ろに出ている)と、次の動作が遅れてレシーブを失敗する恐れがあります。
打つ時は後ろに重心を傾け、打ち終わったらすぐに前に重心をかけるようにしてください。

2人で攻撃と守備を行わなければならないダブルスでは、1人1人のレシーブ力が高くないと、点もとれなければ失点を防ぐこともできません。
今回ご紹介した練習法を参考に、ぜひレシーブ力の強化に努めてくださいね!

 

参考サイト:
レシーブを徹底強化(ダブルス編)!ドライブリターンを極めて上手に攻めに転じよう!

◆ライター名:miya270

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。