バドミントン ミスショットを無くす たった一つ意識するポイント

バドミントン選手のようにバシッとショットを決めたいのに、なぜか打ち損じてしまう……。
それは、打つ時の目の使い方が間違っているからかもしれません!

そこで今回は、シャトルを正確に真ん中に当てるための、打ち方のコツをご紹介します!

 

ミスショットをしてしまう原因

バドミントンで、空振りやフレームショットなどの打ち損じが起きてしまうのは、「集中力が切れた」「フォームが安定していない」など、様々な原因が考えられます。
その中でも、原因として多く挙げられているのが、「目と頭のブレ」です。

バドミントン初心者がよくやってしまいがちなのが、飛んできたシャトルを眼球だけで追い、よく見ずに打とうとすることです。
正面からきたシャトルであれば、眼球だけで追ったとしてもシャトルの状態をよく見ていられるので、そこまでミスショットをすることはありません。

しかし、上や横にきたシャトルを眼球だけで追ってしまうと、シャトルの実際の距離感やスピード感をうまくとらえられず、目で見ている状態とのブレが生じてしまいます。
そのため、シャトルをラケットに正確に当てられず、打ち損じてしまうのです。

 

シャトルをラケットの真ん中に当てるコツ・ポイント

では、どうすればミスショットをなくすことができるでしょうか?
原因が分かれば答えは簡単ですよね?
眼球ではなく目全体でシャトルを追い、「よく見て打つ」ようにすればいいのです。

「それは最初からやっている!」と思っている方もいるかもしれませんが、正確にはシャトルをよく見ただけで、ミスショットをしなくなるわけではありません。
シャトルをよく見るということは、シャトルのコルクがどの向きに落ちてくるのかを見ることでもあります。

シャトルは、コルク部分がラケットの真ん中にしっかり当たらなければ、相手のコートにうまく返りません。
なので、落ちてくるシャトルの向きをよく見て、コルクの向きとラケットの向きを合わせる必要があるのです。

シャトルのコルクが横向きに落ちてくるのであればラケットは横向きに、上向きには上からラケットを振ってみてください。
こうすることで、ラケットの真ん中でコルク部分をとらえることができるようになり、ミスショットを減らすことにつながります。

下記に参考になる動画がありますので、ぜひご覧ください。

 



動画引用元:ミスショットしない方法「シャトルをド真ん中に当てる!」

 

「シャトルをよく見て打つ」と言うだけは簡単ですが、実際にやってみると、体も目もなかなかついていかず大変です。
まずは、自分だけでシャトル打ち上げてみて、シャトルをよく見て打つクセをつけてみるといいかもしれませんね!

 

【参考URL】
バドミントンで打ち損じミスを減らす!目の使い方

ライター名:miya270

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。