シングルスで有効 ロングサービスをコート奥まで打つコツ

フォアハンドでのロングサービスは打ちにくいといわれており、苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんなロングサービスを、初心者でも奥まで飛ばせる打ち方とコツをご紹介します。

 

 

ロングサービスの打ち方

さっそく今回ご紹介するフォアハンドでの「ロングサービスの打ち方」をみていきましょう。

今回は、右手にラケットをもっている場合を想定して説明していきます。
まず左足を前に出して、右足をうしろにします。
このときの体の状態は前にむかって正面を見るのではなく、横を見るように意識してみてください。
また、ラケットヘッドは顔の前にもってきます。
この状態がつくれたら、ロングサービスのシャトルを打っていきましょう。

 

 

体のひねりをつかう

シャトルを打つときに、さらに意識してほしい点があります。
それは、「体のひねり
体のひねりを活用してシャトルを打ちましょう。
体のひねりが伝わることで、シャトルを前に飛ばすことができるようになります。
最初から正面を見ているのではなく、横を向いた状態のまま体をひねって、ひねった後に体が正面を向くようにして、サービスをしていきます。

この「ひねり」が、ロングサービスを出すための大切なポイントです。
ご紹介したポイントをしっかりと意識して、練習していきましょう。

 

 

ロングサービスを制す

バトミントンの初心者でも、シングルスでロングサービスを飛ばせる打ち方のコツとポイントをご紹介しました。
体の使い方とフォームを見直すことで、簡単に奥までロングサービスを打つことができるようになりますよ。

フォアハンドでのロングサービスは打ちにくいといわれており、苦手意識をもっている選手も多いようですが、今回ご紹介したポイントさえおさえておけば、簡単に技術を習得することができるようになるはず!
体のひねりを上手に活用して、シングルスでのロングサービスを克服しましょう。



動画引用元:【バドミントンロングサービス】を初心者でもシングルスで奥まで飛ばす打ち方とコツ

 

ライター名:チョコ