力まずにドライブを打ち続ける 構えと練習法

みなさんはバトミントンでドライブをするときに、どのような点を意識していますか?
今回は、ドライブをするときに、握りこんで力むことなく打ち続けるためのコツをご紹介します。

 

 

 

ドライブをするときのコツ

バトミントンでドライブをするときに、握りこんで力んでしまう方は多いと思います。
実際に、「打つときには握りこむ」という指導法もありますが、握りこみすぎると腕がすべてかたまってしまうので、連続で球が戻ってきたときに対応をすることができなくなってしまいます。

強い球には対応できますが、連続した球に対応することができないので、「握りこむ」のではなく「振り抜く」ことを意識して練習してみましょう。

 

 

 

構えるときの大切な注意点

構えるときに、脇の横に肘がある構えはNGです。
肘をうまく動かしたいのに、脇の横にあると肘をうまく動かすことができなくなってしまいます。
そうならないために、肘を体よりも前に持っていき、利き腕の脇にスペースをつくるようにしておきましょう。
スペースがあることで、肘を自由に動かすことが可能になります。

腕よりも体で動いて、そのままラケットが出る感じをイメージしてみてください。
また、股関節をふくめた体のコアをしっかりと動かせるようにしましょう。

 

 

 

ドライブを打ち続ける練習のポイント

では実際に、二人一組になってコートに立ち練習をしてみましょう。
練習をするときには、高い球で打ち合ってもこの練習の意味がないので、できるだけ顔よりも低い位置で、どこにきても返せるように打ち続けることを意識してください。

ドライブを打ち続けるためには、握りこむのではなく振り抜くことが大切です。
強い球に対しては握りこむ形で返すのも良いですが、連続して返していくためには振り抜きながら球を返すことを意識していきましょう!

力まずに打ち続けるための練習法はこちらの動画で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 



動画引用元:ドライブを力まずに打ち続けるには?(藤本ホセマリのバドミントン上達練習会)

 

ライター名:チョコ