相手にチャンスを与えない 深いクリアを楽に返すコツ

バトミントンの試合中に「深いクリアを楽に返すことができたらいいな」と考えたことはありませんか?
今回は、深いクリアに対して、肩の回転ラケットを横に使って飛ばす練習法をご紹介します。

 

 

体の動きを感覚でつかむ

はじめに自分の肩幅くらいに足を開いたら、自由に振っていきます。
このとき、体のセンターがぶれないように振ることを意識してみてください。
体を振っていると、自然と手が付いてくると思います。
利き腕を、力を抜いた状態で上にあげたら、同じように体を振っていきます。
振った後に肩を止めると自然と腕が前に出てくるので、その感覚を掴むよう意識してみましょう。
体をムチのように動かす」ことをイメージすると、感覚が掴みやすいかもしれません。

 

 

ラケットを横に使う?

続いて、ラケットを持ち、リラックスして腕を前に出します。
このとき、ラケットは縦ではなく、腕の形がコの字形になることを意識しながら横に振っていきましょう。
実戦で打つときのイメージをしながら行うと、より良いです。

 

ラケットが縦になってしまうと、相手に追い込まれたときにシャトルがすべてへ行ってしまいます。
ラケットを横に動かすことでシャトルが浮きにくくなり、追い込まれたときでもに打つことができるようになりますよ。
追い込まれても上ではなく、に打つということを頭にいれておきましょう。
しかし、実戦では縦の動きも必要になってくるので、縦と横、どちらでも打てるようにしておくと、試合で活用できますよ。

 

 

深いクリアを楽に返すコツまとめ

深いクリアに対しては、肩の回転とラケットを横に使って飛ばすことが大切です。

 

頭の上でとらえることで、スマッシュも打てるようになるので、後々の技術向上のためにもこの点を意識しながら練習していきましょう。

 

今回ご紹介した内容は、こちらの動画でも確認できますので、ぜひチェックしてみてください。



動画引用元:深いクリアを楽に返すコツ(藤本ホセマリのバドミントン上達練習会)

ライター名:チョコ