バックハンドショートサーブ 失敗しない練習方法とポイント

バトミントンで活用できるバックハンドサーブショートサービスは、振り幅が少なくミスの少ない技術のひとつです。
今回は、このショートサービスの基本練習法についてご紹介します。

 

バックハンドサーブのショートサービスの基本と注意点

構え方ですが、ラケットを持っている手と同じ方の足を一歩前に出して、ラケットをに構えます。
このとき、反則にならないように以下の2点に気を付けましょう。

 

  • シャトルガットにあたる位置がおへそ(ウエスト)よりもになるようにする
  • 手首の位置がラケットヘッドよりもにならないようにする。

 

この2点を意識してくださいね。

 

バックハンドサーブのショートサービスの練習

実際にサービスを出していきます。
サービスを出すときは、ラケットシャトルの間に少しのをあけて持つと良いです。
シャトルを持っている手は極力伸ばすようにすることで、ラケットを持つ手の振り幅を大きくすることができます。
コンパクトスイングで打つことを意識しながら、サービスを出していきましょう。
ラケットを引いて出すときは、ラケットの面は返さずに、そのまま押し出すようなイメージでシャトルを打つようにしてみてください。

 

一度、以下の動画でここまでの流れを確認してみましょう。



動画引用元:ショートサービスの基本(バックハンド)_能登則夫のバドミントン上達育成法

 

練習方法とポイント

練習する時は、いつでも同じ位置で打てるように、シャトルを持つ手は動かさずにサービスを出していきましょう。
自分の体の真正面で打つことを意識しながら、ショートサービスのライン上を狙ってみてください。
正面に打つことができるようになれば、後に方向を変えることもできるようになるので、ここではまっすぐに打つ練習をしていきます。

身長差でサービスの打点が変わってきますが、ネットギリギリの低い軌道でショートサービス近くを狙うように練習しましょう。
飛ばす方向は、自分の立っている位置からまっすぐの場所を狙ってください。

シャトルを持つ手が動いてしまう方が多くいるので、動かさないように意識しながらショートサービスの練習を行いましょう!

 

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。