ハーバード式呼吸法 血流改善とリラックス効果あり

ハーバード式呼吸法は、「4-7-8呼吸法」とも呼ばれている呼吸法です。
毛細血管を健康に保つのに効果的だといわれている、ハーバード式呼吸法。
この呼吸法で、リラックス効果と全身の血流改善が期待できます。

 

ハーバード式呼吸法のやり方

【1】鼻から4秒かけて息を吸います。
【2】7秒間息を止めた状態を保ちます。
【3】8秒かけてゆっくりと息を細く吐き出していきます。
これを4回繰り返します。

この時、次の点に注意しましょう。

・楽な姿勢で座り、背筋を伸ばしましょう。
・肩の力を抜き、首を長くしましょう。
・軽く目を閉じて行いましょう。
・息を吐き出したら、ゆっくりと目を開けましょう。

効果

ハーバード式呼吸法は、寝付きを良くしたり、高ぶった神経を落ち着かせ、リラックスさせたりするときにもオススメの呼吸法です。

特徴としては、息を吐くことを強調していることです。
無理にたくさん吸い込んだり、吐いたりせずに、通常の呼吸の延長線上として、意識して行うと良いでしょう。
息をゆっくりと吐きだすことで、心身ともにリラックス状態へと導かれます。
どうしても眠れないときなどは、ベッドの上でハーバード式呼吸法を行うことで、睡眠への導入がスムーズになることでしょう。

ハーバード式呼吸法は、特別な道具などを必要としないので、気軽に実行できます。
そして、簡単なのに効果的であるという点が取り入れやすいポイントです。
お子さんでもできる呼吸法ですので、子供を寝かしつけるときにも参考にできるかもしれません。
慣れるまでは、4秒かけて息を吸うことや、7秒間息を止めることが難しいと感じるかもしれません。
しかし、慣れてしまえば、一旦息を止めずに吐くこと自体が不自然とすら感じるようになることも。

はじめはうまくできなくても、やり続けることで効果が期待できます。
日常のスキマ時間に、取り入れてみると良いでしょう。

下記にわかりやすく解説がある動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:ハーバード式呼吸法のポイント

 

【参考URL】
478呼吸法のやり方と効果
世界一受けたい授業 毛細血管を健康に保つハーバード式呼吸法