格上の相手との試合で効果あり フロントモーションサーブ

フロントモーションサーブ』をご存知ですか?

フロントモーションサーブとは、サーブを出したあとにつけるモーション(動作)を意味します。

今回は、この『フロントモーションサーブ』を使うべきタイミングや、やり方・ポイントについて詳しくご紹介します。

 

『フロントモーションサーブ』が効果を発揮するときは?

この『フロントモーションサーブ』がどのような場面で効果を発揮するかというと、自分よりも格上の相手と戦うときです。

格上の相手からすると、自分より下の相手がどんな回転のサーブを出すのかは簡単に読み取れてしまいます。
そのため、レシーブから攻撃をされたり、相手に有利な展開へもっていかれたりするケースも珍しくありません。

 

 

しかし、ここでフロントモーションサーブを使うことで、格上の相手が自分のサーブを読み取ることを防ぐことができるのです。

1度動画でフロントモーションサーブのやり方を確認し、フロントモーションサーブのやり方やポイントも見ていきましょう。




動画引用元:『フロントモーションサーブ』のやり方とポイント

 

やり方とポイント

フロントモーションサーブをやる前に大切なポイントは、『打球前にモーションを入れることで、相手へサーブを読ませない』ということです。

下回転を出すと見せかけて横回転だったり、回転がかかっていると見せかけて純回転のサーブをだしたりと、相手が予想していない回転のサーブをだすことで、レシーブを置きにくるパターンへと持ち込みます。
それを狙って3球攻撃へとつなげたり、自分のポイントとなるラリーへ持っていったりすることができます。

 

また、フロントモーションサーブをするのにオススメのタイミングは、試合の終わり間際で相手と競っている場面や、10-9でリードしているときです。

試合終了間際まで普通のサーブを出しておき、最後にフロントモーションサーブをもってくるなど、使い方を工夫することで勝利へとつながる試合ができます。

フロントモーションサーブを上手に工夫して利用し、格上の相手にも勝利することができるよう、練習してみてはいかがでしょうか。