フォアカットに必要な3つの大切なポイントとは?

守りの戦型『カット』。
カットは、来たボールを下回転で返すだけと思っている方も多いですが、カットを上達させるにはいくつかの大切なポイントがあります。

今回は、フォアカットに注目し、フォアカットを安定させる大切な3つのポイントをみていきましょう。

 

3つのポイント

早速、フォアカットを安定させるために大切なポイントを3つご紹介します。

一つ目のポイントは、ボールを体の横まで引き付けることです。
続いて二つ目のポイントは、カットをするときに腰をひねること
最後の三つ目のポイントは、右から左へ体を体重移動させることです。

この3つのポイントについて、練習方法と一緒にもう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

安定するフォアカットのやり方

ボールを体の横まで引き付ける
来たボールを迎えに行かずに、体の横まで待って引き付けてからフォアカットで返す練習をしましょう。

カットをするときに腰をひねる
横を向いて、ボールが来るのを準備する態勢をとります。
そして、打ち終わったときには体が正面に向くようにしましょう。

打ち終わったときに、体が横向きになっていないように注意します。

右から左へ体重移動させる
フォアカットでボールを引きつけたら、そのまま左へ向かって体重を移動させます。
ここで大切なポイントは、左足のつま先が中心を向いていることです。
浅いボールが来たときにも同じように、しっかりと左足を踏み込むことを意識しましょう。

これらを意識するだけでフォアのカットが安定したものになります。

 

フォアカットの練習はマシーンを使ってもできるので、練習相手がいなくても、一人で上達を目指すことができます。
まずは、『フォアカット100本をノーミス』ですることを目標に練習してみてはいかがでしょうか?

基礎力をアップすることで、今後バックカットや新しい技術を練習したときに、さらなる効果を発揮することができますよ。
ぜひ参考にしてみてください。

 

下記にわかりやすく解説されている動画があるので、ぜひご覧ください。



動画引用元:【卓球動画】3つのポイントで安定フォアカット【卓球スクール・タクティブ】