フットワークが早くなる 基礎からの練習方法

卓球で重要な項目のフットワーク。
基本中の基本だといっても過言ではありません。
しっかりと動けるようになれば他の項目についても上達してきますよ。
今回はフットワークが早くなる練習方法をご紹介します。

 

フットワークの重要性

卓球は、フットワーク練習よりも、サーブやドライブなどの練習が大事だと思っていませんか?
しかし、プレーにはフットワークが常に影響しています。
動いてプレーの幅を広げるだけでなく、適切な打点に構えることが大切だからです。

ドライブやスマッシュなどの技術に悩んでいたら、フットワークがきちんと出来ているかを見直してみませんか。
フットワークが改善されれば、ドライブも自然と上達するかもしれません!

 

 

フットワーク上達のコツ

 

1 まずはラケットなしでやる

まず足の動かし方を練習します。
台の端の角まで動き、止まる。
そして反対の角へ動き、止まる、という練習をゆっくりと行います。
この位置に球が来たと仮定し、どこまで足を動かすかというのを頭の中で想像しながら行います。

まずは一本ずつゆっくり、確かめながら行うのが有効です。
それに慣れてきたらだんだんとスピードをあげてやってみましょう。
足の動かし方や力の入れ方も徐々に分かってきます。

 

2 ラケットを持って素振りをしながら

次にラケットを持ち、素振りをしながら行います。
動いて止まったらラケットをふる動きをゆっくりと行います。
こちらもゆっくりから始め、徐々にスピードをあげていきます。
スピードもかなり速く出来るようになってきたら、次に初めて球を打つ練習になります。

 

3 実際に球を打ちながら

まずボールを1本ずつゆっくり出してもらいながら多球練習をします。
動ききったら球を出してもらい打つ、というのを繰り返します。
こちらもだんだんとスピードをあげていきます。

 

まとめ

始めからボールを打つと変に力が入ってしまったり、球を打つことだけに集中してしまったりします。
素振りから始め、フットワークの動きをしっかりと身に付けてから行うことが上達への道です!

 

下記に詳細に解説のある動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:フットワークで足が速く動けるようになる練習法【卓球知恵袋】