俊足フットワーク 大きく・早く動けるたった一つのコツ

試合や練習などで、体を早く動かしたいのに出来ないと悩んでいませんか?
それは足のフットワークが遅いことが原因かもしれません

大きく早く動ける、体も使える!俊足フットワークのコツをご紹介します。

 

トップ選手が強そうに見えるワケ

強い選手と試合をしたときに、威圧感を感じたことはありませんか?
体格は自分と変わらないのに、どこか怖いといったように感じることもあります。

しかしそれは、その選手は一歩一歩の動きも大きいので威圧感があるように見えるのです。
身体全体を大きく動かしていると、自信を持ってプレーしているようにも見えますよね。

 

足の一歩を大きく動かす

【動ける範囲が一気に広がる】

足が動かせないと悩んでいる方は、動いていても一歩が小さいことが多いです。
それでは球が遠く、手だけで打ってしまいがちです。

そこで大事なポイントは、足の一歩を大きく出すことです!

小さく一歩一歩動くよりも大きく動く方が、範囲も大きく動くことができます。
早いピッチでも間に合って、しっかりとした体勢で打てるようになります。

 

【姿勢が安定する】

一歩一歩が狭い人は、体が棒立ちになって手打ちになりがちです。
しかし歩幅を大きくすることによって、体の姿勢が低くなります。
そこでしっかりとした前傾姿勢になり、打球もしやすくなります。
これで、身体全体を使って自分のストライクゾーンで強打が出来るようになりますよ。

 

【足の動かし方を意識し過ぎない】

卓球では1歩動、2歩動などといった足の動かし方があります。
練習ではこれが出来ていても、試合では同じ動かし方が使えるとは限りません。

試合では相手の球に合わせ臨機応変に動く必要があるため、足の動かし方を意識しすぎず、まずは一歩を大きく素早く動くことがおすすめです!

 

 

まとめ

足の動かし方を意識しすぎず、まずはシンプルに、一歩を大きくするという意識を心掛けてみましょう
今までよりも一歩を大きくすることで、フットワークの範囲が広がり動き全体も早くなりますよ。

 

下記にフットワークについて、詳しく解説のある動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:俊足フットワークのコツ【卓球知恵袋】

 

【参考サイト】

卓球はフットワークが基本!練習し続けるべし!

【卓球】足の動かし方を意識し過ぎない事がフットワークを速くするコツ