ダブルスで勝利に導く 基礎フットワークの練習

卓球では、シングルが強い選手でも、ダブルスとなると相手とのチームワークやコミュニケーションが必要となるため、苦手意識を持つ選手も多いでしょう。

今回は、そんな方にオススメのダブルスのフットワークの練習法をご紹介します。

 

ダブルスのフットワークが上達する練習法とは?

卓球の団体戦では、ダブルスの勝敗がチームの勝利に大きく影響するともいわれています。
そんなダブルスの試合を逃さずにはいられませんよね。

これから紹介する練習法で、大切なダブルスの試合をしっかりと勝ち取っていきましょう!

 

 

【ダブルスのフットワーク練習法】

ボール出しをしてくれる方に、次のようにボール出しをしてもらいましょう。

・フォア、バックにそれぞれ2本ずつ回す
・フォア、バックにそれぞれ3本ずつ回す
・フォア、バックにそれぞれ4本ずつ回す
・最後にランダムに全面に回す

これを繰り返し練習するのみです。

 

下記に練習方法についてわかりやすい動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:卓球動画で多球練習ダブルスのフットワーク、サーブが学べるDVD 第4巻その11

では、いったいこのフットワーク練習にはどのようなポイントがあるのでしょうか?
大切なポイントについて分析してみましょう。

 

大切なポイントは、基礎のフットワークをマスターできる

この練習の大切なポイントは、『フットワークの仕組み』を学べて、フットワークを練習する習慣がつくことです。

ダブルスでは、自分が打った後にすぐに相手が打つスペースをあける必要があります。
そのため、基礎でもあるフットワーク術がとても大切になってきます。

もし自分の動きが遅いと、ダブルスの相方は、相手へ攻撃するための充分な準備ができないため、ただボールを相手のコートへ返すのみの動作になってしまいます。

ダブルスを勝利へと導くためには、ただボールを返してラリーをつなげるのではなく、自分たちのポイントへ繋がるラリーをしていきましょう。

 

今回はダブルスのフットワーク練習法についてご紹介しました。
ダブルスには、相方とのコミュニケーションも大切になってきます。

このようなフットワーク練習をしながら、2人のリズムを揃えて、自分たちのポイントへとつながるラリーをしていくことを心がけていきましょう!