超曲がる!カーブドライブ 打ち方の大切な鉄則3つ

卓球のボールがセルからプラスチックボールに変更されたことで、回転がかかりやすくなり、さらに強力なカーブドライブを打ち出しやすくなりました。

今回は、試合相手が思わず驚くような『超曲がるカーブドライブ』の打ち方について勉強していきましょう!

 

打点の秘密

早速、『超曲がるカーブドライブ』の打ち方について見ていきましょう。
カーブドライブをするにあたって、大切な鉄則が3つあります。

一つ目は、『打点』です。
ボールを打つときの打点は、とにかく下まで引きつける必要があります。

打点が高い位置で打つとボールが早く出てしまうので、回転をかけることがあまりできません。
しかし、下のほうまで打点を落とすことで回転がかかり、大きく曲がったドライブを打つことができます。

 

 

ボールを捉える位置

鉄則2つ目は、『ボールを捉える位置』です。

ボールが自分から見て正面にあったとしましょう。
そのボールの右側を捉えるようにイメージしてドライブすることがキーポイントとなります。

カーブドライブがうまくできない方の特徴として、ボールの後ろのお尻の部分に打点を当ててしまっているということがあります。
そうすると、ボールはまっすぐ進んでしまい、回転がかかりづらくなってしまうのです。

しかし、ボールの右側を捉えるようにすることで、大きく曲がったドライブをすることができます。
右側を捉えるという点を意識しながら練習しましょう。

 

曲げ方

3つ目の鉄則は、ラケットの曲げ方』です。

フォア面が自分の横腹の直線状になるくらい、思いっきりラケットを曲げます。
手首にはあまり力を入れ過ぎずにグッと巻き込んで固定させ、先ほど解説したように、ボールの右側を捉えてギリギリまで引きつけてから打つことで、『超曲がるカーブドライブ』を出すことができるのです。

ボーリングの球を投げるようなイメージで、ドライブをすることを意識しながら練習してみてくださいね。

下記にカーブドライブのコツについて解説された動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:超曲が~るカーブドライブのコツ【卓球知恵袋】