相手のドライブに負けない ブロックが上手くなるコツ

ドライブなど攻撃は得意だけど、ブロックが苦手という選手もいるのではないでしょうか。

今回は、どんな強い球が来てもしっかりブロックができて、返球できるようになるコツをお教えします!

実は、ブロックが上手にできるようになるには、一つのことを意識するだけで、簡単に強い球でも打ち返すことができるようになるそうです。

その一つとは、

 

 

 

「ラケットの面を縦にする」

 

です。

 

これはフォア・バック、どちらのブロックにも共通した方法です。

通常はラケットを横にしてしまうかもしれませんが、ラケットを縦にすることで、相手のボールの勢いを抑えることができ、ブロックを止めることができます。

 

【ポイント】

・守備の切り替えが早くなる
例えば逆につかれた時や、とっさのプロックが必要になった時でも、フォア・バックの守備の切り替えが早くなることで、今まで追いつかなかった球も追いつく可能性が高くなります。

・相手を振り回すことができる
ラケットを縦にすることで、ボールの打球点が必然的に高くなり、横で打つ場合よりも体の近くで打つことになるので、相手を振り回しやすくなります。

 

もし、どうしてもラケットを縦にすることが慣れない場合は、親指も一緒に立てると、ラケットを縦にしやすくなります。

下記に詳しく解説されている動画がありますので、ぜひ参考にご覧ください。



動画引用元:鉄壁ブロックのコツ【卓球知恵袋】