卓球バックハンドの強化 乱打練習方法とポイント

卓球をより上達させるためにはフォアを強化させることも大事ですが、「バック」を強くさせるのも重要です。
今回は乱打練習でバックを上達させるためにどのようなことができるのかについて、詳しく解説します。

 

バックの乱打練習方法

卓球の練習でよく利用される「乱打練習」。
ただ打ち合うのではなく、ポイントと練習方法を知っているだけで、技術を大きく成長させることができます。
今回は、バックに重点を置き、どのような練習方法が必要なのか見ていきましょう。

まず、バックの乱打練習に入る前に、乱打練習に入るまでの流れを紹介します。

はじめに2人でリズム重視のバック打ちをしていきます。
バック打ちが安定したら、片方がバックドライブ、もう片方はブロックへと展開。

次に、先ほどバックドライブをしていた人がブロックに、ブロックをしていた人はドライブへと交代します。
そして最後に緩急を付けながら、バック対バックへと展開させます。
この段階を踏むことで、乱打練習にスムーズに入ることができます。

乱打練習をするときに、意識するポイントについても見ていきましょう。

 

バックの乱打練習で意識するポイント

乱打練習を始める前に、2人でリズム重視のバック打ちをします。
ここでの大切なポイントは、体の正面でボールを捕らえることを意識しながら、相手のコートへと返すことです。
また、肘の高さが上下して動きすぎないように注意しましょう。
打点もはやめに、通常よりも少し回転を重視させます。

それにあわせて、膝を使いながらリズムをとっていきます。
威力だけでなく、リズムとコントロールを重視しながらラリーを続けていきましょう。
バック打ちが安定したところで、バックドライブ対ブロックへ展開します。

次に、バックドライブとブロックをする人を交代します。
ここで、ドライブを打つほうのひとは、コートから下がりすぎないように注意してください。
そして最後に緩急を付けながらバック対バックへと展開させます。
このあとは乱打練習へと展開させるのみです。

今まで乱打練習がうまくできなかったという人も、この流れを重視することでよりスムーズに乱打練習へと持ち込むことができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

下記にわかりやすい動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:【卓球】上手くなるための乱打練習とは!?これで効率が変わります!【バック打ちの基礎練習】

 

ライター名:チョコ