卓球 バックハンドの基礎 絶対抑えたいポイント3つ

今回は、卓球のバックハンドの基礎について学んでいきます。
3つの大切なポイントを、良い例、悪い例とともに紹介するので、自分のフォームと照らし合わせてみてみましょう!

 

バックハンドの大切なポイント1

一つ目のポイントは、『打球はかならず体の正面で打つこと』です。

動画を見ていただくとわかる通り、良い例では体の正面でボールを返しています。
それに比べて、悪い例では体の左側でボールを返していることがわかります。

そうすると大振りなってしまい、打球が不安定になってしまいますね。
コートのどこにきても体の正面でボールを返せるようにしましょう!

 

 

バックハンドの大切なポイント2

二つ目の大切なポイントは、『スイングはボールを運ぶイメージでななめ上にすること』を意識することです。
悪い例では、ボールをたたきつけていることがわかります。
もうひとつ、押し出しているのも悪いポイントですね。

相手のコートへ素早く強く返したい気持ちが出てしまい、たたきつけたり、押し付けたりしてしまいがちですが、かならずななめ上に運ぶようなイメージでボールを返しましょう。

 

バックハンドの大切なポイント3

三つ目のポイントは、『ラケットと体の間に小さな”前ならえ”をするイメージでスペースをつくること』です。

 

良い例と悪い例

良い例と悪い例を上から見てみると、悪い例では、良い例に比べてふところにスペースがないことがわかります。
スイングがきちんとできていないので、ただ相手へボールを返すだけになってしまっています。
もうひとつ、ポイントが前すぎることも注意が必要です。先ほどに比べてスペースはできていますが、フォームが安定していません。

今回紹介した3つのポイントを意識して、バックハンドのラリーを100回続ける練習をしてみましょう!
それだけで、今までのバックハンド技術よりも何倍も上達することがわかりますよ。

 

下記の動画でわかりやすく解説がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:【卓球動画】動画でまなぶ~バックハンドを覚えよう~【卓球スクール・タクティブ】

 

動画も確認して、自分のフォームと照らし合わせてみてくださいね。
基本をマスターして、バックハンドを強みにしていきましょう!

 

ライター名:チョコ