シュート練習 足首をしっかり固めることがコツ インステップキック

サッカーの花形と言えばやはりシュートを打ってゴールすることでしょう。
サッカーの醍醐味はここからスタートします。
シュートと一言で言っても蹴り方はさまざまありますが、その中でも最もシュートに適している蹴り方と言われているのが、インステップキックです。

インサイドキックに比べてコントロールはつけにくいですが、スピードボールを蹴ることができます。なので強いシュートを蹴りたい場合は最適なキック方法です。

インステップキックとは、ボールを足の甲で蹴るキックの事です。
インステップキックは強く蹴ることが出来るため、シュートはもちろんロングパスやクリアなどにも使われるサッカーの基本の蹴り方のひとつです。ボールに接触する面積が少ないためコントロールが難しいですが、進行方向の向きと同じ向きで蹴ることが出来るため、小学生などの子供でも覚えやすい蹴り方です。

練習方法ですが、筆者もそうだったのですが、いきなり地面に置いたボールを足の甲で蹴るのは意外と難しいです。上手く真っ直ぐ蹴れない感覚があります。なので、まずはボールをリフティングのように上から落として足の甲で軽く蹴り上げるようにし、足の甲でボールを捉えるイメージを身につけましょう。

紹介している動画は、リフティングでインステップキックの蹴り方を紹介している動画です。

動画でもおっしゃってますが、特に

 

足首をしっかり固めることです。
足首が動いていると上手く上がらないので、スネに力を入れてグッと固めましょう。
この固めた足首で、しっかりボールを凹ませてあげることが大切です。

 

というポイントがとても重要になります。
インステップキックが足首がプラプラ動いていると強いキックが打てません。足首を固定して、ボールを凹ませてキックするイメージがとても大事になります。

動画では、様々な角度からインステップキックをレクチャーしてますので、とても参考になります。ぜひご覧ください。



動画引用元:リフティング100回できるようになる! インステップキックの蹴り方