ドリブル練習 その場でボールタッチして足の感覚を養う

ドリブルのテクニックを磨くためにはボールをタッチする感覚を養うことが重要です。さらに足の裏だけインサイドだけ、ではなく、足のあらゆる箇所でタッチすることで、ドリブルの幅が広がります。

まずは、ボールはそのままの位置で足の裏で優しくタッチしましょう。右左右左と交互にリズムよく行うことが大切です。足の裏でタッチはするものの、腕はしっかりと振り、背筋は猫背にならずになるべく伸ばす、ということも意識して「かっこいい(キレイ)な姿勢でタッチ」することを心がけましょう。

次は、インサイドを使ってその場でボールをタッチします。こちらもリズムよく交互に行うことが大切です。速くスムーズに出来ると良いでしょう。

最後は、足の裏で引いてインサイドで押し出すタッチを身に付けます。詳細は動画を見て頂ければ分かると思いますが、より実践に近づいたボールタッチの練習になります。大事なポイントは、足の裏を使ってボールを引く際にも、インサイドを使ってボールを押し出す際にも、ボールと身体の位置は近いままで一定に保った状態をキープすることです。ボールと身体が近い距離で速くスムーズに、このアクションが出来るように練習すると良いでしょう。動画にはスローモーションもありますので、より分りやすいと思います。

では詳細を動画にてご覧ください。



動画引用元:<小学生・サッカー初心者の練習法>親子でトライ!サッカー教室【第1回】ドリブル ①ドリブル