ショートフット マラソンに強い足裏をつくるトレーニング

ベアフットトレーニング(裸足で行うトレーニング)の一つであるショートフット
世界的に有名なトレーニングで、自宅で簡単に裸足で行えるトレーニングです!

わずかな動きで大きな成果につなげられる、ランニングの成功法則として、ぜひ取り入れてみてください。

 

ショートフットというトレーニング

このトレーニングでの「足」とは、つま先からかかと、つまりシューズを履く部分のことを指しています。
足のアーチがしっかり使われることより、ウインドラス機構というメカニズムの働きでアーチが高くなります。
偏平足を防ぎ、足が安定し、衝撃の吸収に繋がるのです。
このトレーニングの目的は、アーチを支える筋肉を鍛えて、足指が使えるようになることです。

 

 

トレーニング方法

1 裸足で立ちます。
2 足の裏は床につけたまま、指だけを上に反らします。
出来るようなら足の指をすべて広げられるのがベストです。

POINT:指を反らせているとき、足の甲からスネが使われていることを意識しましょう!

3 反った指から親指だけ床に下ろします。

POINT:アーチ内側の筋肉が使われていることを意識しましょう。
この感覚こそが、このトレーニングで一番大切なところです。

4 親指を下ろした後、他の指を同時に下ろします。ここは脱力します。

 

ショートフットトレーニングの効果

母趾外転筋(ぼしがいてんきん)がアーチを形成します。
また、外反母趾を防ぐ筋肉でもあります。
この母趾外転筋を鍛え、しっかりしたアーチを作ることで、走る時に体を形成する筋肉へうまく連動していきます。
このトレーニングを重ねることで、足裏が使える感覚がでてきます。
バランス感覚を養い、疲れにくい体につながっていくのです。

シンプルな動きですが、大抵の人はやりにくいと感じ、出来ない人も多いです。
大切なのは、出来ないからこそやった方が良いトレーニングであることを知り、実践していくことなのです。

 

豆知識

裸足で行うと、筋肉や関節を使うときの感覚を高めることができて、効果的です。
出来ないことを積み重ねていく。
シンプルですが、わずかな動きで大きな成果につなげられるコツですね。

 

下記にショートフットのやり方について、わかりやすく解説されている動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:11.ショートフット-マラソンランナーのためのトレーニング【ランニングの成功法則】

 

参考サイト:
足は身体の基礎〜ショートフットエクササイズ

ウィンドラス機構の3つの機能とメカニズムとは?!トラス機構との違いもご紹介!

 

ライター名:椎名 美日(しいな びび)