朝ランニングのメリット・デメリット 鍛えるなら夜がお勧め?!

皆さんは、1日のどのタイミングで走っていますか?
朝仕事前に走る方、夕食後に走る方など、ランニングするタイミングは人それぞれだと思います。

以前の記事で(「夜ラン」オススメの理由 プレゼントキャンペーンあり)、夜にランニングをする場合のメリットとデメリットについてご紹介しましたが、今回は朝ランニングをする場合のメリットとデメリットについてお伝えします!

 

 

メリット

ダイエット効果

朝食を摂取する前に走れば、体内の糖質が少ないので、脂肪燃焼効果が高いと言われています。
ダイエット目的も兼ねて走るとすれば、寝起きまたは朝一で走ることに効果がありそうですね。

体内の糖質が少ない食前に走ることは、ダイエットに効果的とされています。
特に睡眠によって食間が長時間空く朝食前は、運動エネルギーとして脂肪の利用率が高まります。

引用元:朝ランニングの効果と正しいやり方

 

メンタル面

セロトニンという「幸せホルモン」とも言われる神経伝達物質が不足していたり、正常に分泌されていない場合、気分が落ち込みやすくなり、うつ病に繋がる恐れがあると考えられています。

実は朝起きて日光を浴びることで、多くのセロトニンが分泌されるそうです。
一番分泌の多い時間帯に有酸素運動のランニングを行うことで、よりセロトニンが多く分泌されるので、気分がスッキリしたり、うつ病改善などに繋がると言われています。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神の安定や幸福感に大きく関係している物質で、不足すると気分が落ち込んだり、不眠をおこしたりするのです。

運動することで、このセロトニンの分泌をうながす事ができ、特にランニングなどの有酸素運動が効果的なことが分かっています。

引用元:朝ランニングがうつ病に効く理由と効果をあげる秘訣とは

 

デメリット

日焼け

夜日が沈んで暗くなってから走るよりも、太陽が出ている朝の方が、どうしても日焼けはしてしまいます。
日焼けは夏はもちろん、冬もケアが必要です。
女性は特に日焼けが気になる場合は、日焼け止めを塗ってから走りに行くことがベストです。

 

寝起き

寝起きはまだ体が硬く、筋肉も起きていない状態です。
朝走る場合は怪我をしない為にも、必ず準備運動をしっかり行ってから走りに行きましょう。

 

以上のように、朝ランはダイエット効果や精神面を安定させるなどの効果があると言われています。
一方、夜のランニングはハードなトレーニングや筋力アップに適していると、以前ご紹介しました。(「夜ラン」オススメの理由 プレゼントキャンペーンあり
このことから、ダイエットや精神状態を整えたい方は朝、鍛えたい方は夜がおすすめかもしれませんね。

とはいえ、ランニングは練習を続けることが重要です。
ご自身のペースで、走れるタイミングでベストを尽くして練習していきましょう。

今回は、なぜ朝のランニングはダイエットに効果的なのかを詳しく解説した動画になりますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:ダイエットに効果的なランニングは朝と夜どっち?