フットワーク練習 8の字走ドリル スピードを落とさずにカーブを曲がる

真っ直ぐ突破する力、走りに緩急を付けて相手を抜く力、というのはラグビーのフットワークにおいて、とても重要な能力と言えます。そして、走るスピードを落とさずにカーブを曲がる、という能力もラグビーにおいては重要です。

今回紹介する動画は「8の字走ドリル」というフットワーク(ラン)練習を紹介している動画になります。

このトレーニングで大事なポイントは、いかにスピードを落とさずにカーブを曲がる事ができるのか、という事です。スピードを落とさない事を意識してやってみてください。

8の字走ドリルのポイントは、

・曲がる時、頭だけ倒すのではなく身体全体を傾ける意識で曲がる
・外側の腕は横振り、内側の腕は縦振りを意識する
・ラインぎりぎりを狙って走る
・目線は素早く円の内側にする事
・足首(くるぶし)から肩までラインを一直線になる事を意識する
・ただ走るのではなく、以上の細かい事をしっかりと意識して走ること

以上6つになります。
やはり、しっかり身体全体を傾けることと、足首から肩のラインを一直線にすることが、まずは重要だと思います。顔だけ傾けて猫背になりながらやっていないでしょうか。このようにならないよう気を付けてトレーニングを行いましょう。

では動画をご覧ください。



動画引用元:スピードを落とさずにカーブを走る8の字走ドリル