エディー・ジョーンズ 指導法 「伝えたつもり」ではなく確実に分からせる

日本のラガーマンであれば知らない人はもういないでしょう。今回紹介する動画は「エディー・ジョーンズ」が指導しているシーンになります。

エディー・ジョーンズといえば名ヘッドコーチとして大変有名です。記憶に新しいのは2015年のワールドカップで世界的に強豪の南アフリカ代表に勝利したこと。エディー・ジョーンズという名前を一気に広めた試合になったと思います。現在はイングランド代表のヘッドコーチとして活躍中です。

レッスンを受けたのは目黒学院高等学校のラグビー部。最初にこの高校の練習を見てエディーが言った言葉があります。

 

金曜の夜の居酒屋みたいだ
声は大きいけど
意味がない
練習は鏡のように試合とそっくりにしないとね
ラグビーの試合は状況判断の連続だ
それを鍛えないといけない

 

つまり、

・試合と同じ気持ちで練習ができているのか
・意味のある声を出せているか

ということを伝えたいのだと思います。
動画をずっと見ているとエディーが常に伝えていることは「声」です。
意味のある声を出せているのか、元気よく強い声を出せているのか、コミュニケーションを図れる声を発することは出来ているのか。
もちろん技術的なことも伝えてはいますが、圧倒的に「声」に関する注意を多く行っていることがエディーの指導法です。

 

チームの中で自分は何をすべきなのか
仲間に伝えるだけではなく
はっきり理解させることが大事
伝えたつもりではなく
確実に分からせる

 

この言葉もエディーの言葉です。
伝えるだけではなく理解させる。そのために自己主張をしっかりと行い、声の強さや本気度でもって理解させることが大事。

エディーの指導法はとても参考になります。

では動画をご覧ください。



動画引用元:奇跡のレッスン ラグビー エディージョンズ編(後編)