ドロップキック練習 「高く蹴る」と「遠く正確に蹴る」ためのポイント

ドロップキックは大きく2種類のキックがあります。

1つ目が、キックオフ時のドロップキックで高くボールを上げたい時です。
2つ目が、ドロップゴールを狙う際の遠く正確に蹴りたい時です。

まず「高く蹴る」場合ですが、
・蹴る時に足の形は、足首を曲げた状態にすること
・蹴りたい方向に向かって斜め45度に立つこと
・ボールは真っ直ぐ落として真上に上がるようすること
・ボールをバウンドさせてワンテンポ遅らせて蹴ること(ちょうど上がって来たタイミング)
以上4点がポイントとなります。
特に足首の形とタイミングが重要になるかと思います。狙ったところに高くボールが上がることを意識して練習を続けると良いでしょう。

次に「遠く正確に」蹴りたい場合ですが、
・足首からつま先を伸ばした状態にすること
・蹴りたい方向に向かって斜め45度に立つこと
・ボールの落とし方は少し斜めにして自分に戻ってくるように落とす
・遠くに蹴る場合はボールをバウンドさせた瞬間に蹴ること
以上4点がポイントです。
特にボール落とし方のコツが少し変わるので、ここは要注意ポイントになります。

キック一つで試合展開が大きく変わる場合もありますので、距離感、落とす箇所、高さは常に意識しながら練習すると良いと思います。

では動画をご覧ください。



動画引用元:ドロップキック