電通大こども食堂2018に参加させて頂きました

キャプテン ビジネス

2018年9月8日に電気通信大学が主催されました「こども食堂2018」に当社スポリティーもジェラートを提供するかたちで、参加させて頂きました。
【報告】 電気通信大学こども食堂2018を開催
↑詳細はコチラ。

提供したジェラートについて

エメラルドフローズン
提供させて頂いたジェラートは↑コチラ。
当社は、本格ジェラート専門店とパートナーを結び、体作りの観点からグリーン系野菜のジェラートを開発販売しております。更に、配合されている野菜については調布市で収穫された野菜にこだわり、調布市のJA青年部の方々からのご協力もあり、ほうれん草・小松菜・ピーマンなどを仕入れさせて頂いてます。

【スポーツ x 調布市 x ジェラート専門店】
この3つがクロスした、面白い取り組みをしておりますが、今回はこちらのジェラートを「こども食堂2018」に提供させて頂いた次第です。

参加させて頂いた理由

スポーツの活性化において「企業との連携」「地域との連携」は必須だと、スポーツビジネスをスタートしてひしひしと感じております。自社のスポーツビジネスだけに目を向けて、スポーツだけでスポーツ業界を盛り上げるのはとても大変だと実感しました。スポーツをもっともっと盛り上げて行くためには、スポーツ選手やスポーツ団体を支える企業と地域からのサポートが不可欠であると思います。

なので当社としても、企業を応援・貢献しなければいけないですし、地域に関しても応援・貢献しなければいけないです。

今回は、食と運動の観点から調布市に少しでも貢献できればと思い、参加させて頂きました。
また、主催者の大河原先生と一度お話しさせて頂き、様々な活動を通じて食育や運動を伝えていることに感銘を受け、先生の活動を少しでも盛り上げることが出来ればとも考えました。

参加した感想

当日は、多くのお子さんと親の方々、そして電気通信大学アメリカンフットボール部の学生の方が参加されて、想像よりも多い参加人数に驚きました。学生のみなさんが場をとても盛り上げ、子供達の笑顔が溢れる会になってました。元気をもらいました!

当社からは、小松菜ジェラート120個、ピーマンジェラート60個を提供させて頂き、私の方から、会社の説明とジェラートの説明をさせて頂きました。

お子さんには、野菜が苦手な子も多かったようですが、美味しそうにジェラートを食べているシーンがとても印象的でした。特に小松菜ジェラートはみなさん大絶賛!目の前で美味しそうにジェラート食べる顔を見れたのはとても嬉しかったです。
正直ピーマンジェラートは賛否両論。紛れもなくピーマンの味がダイレクトに来るので、苦手な方は苦手だと思いますが、正直な反応が見れて、我々としても学ぶことが大変多かったです。ピーマンジェラートに挑戦されたい方はぜひご一報ください(笑)

スポーツビジネスを生業としている当社としては、どうすれば地域に対して還元出来るのか、地域スポーツを盛り上げることが出来るのか、を考える日々ですが、このように、調布市の様々な方々とご一緒出来たことは、当社として大きな財産となったことは間違いないです。

また機会がありましたら、参加させて頂きたいです。

【報告】 電気通信大学こども食堂2018を開催

関連記事一覧